SiteMap

覚えておこう!鍼灸専門学校の学費以外にかかる費用

鍼灸師の養成学校に通うためには、学費以外にもさまざまな費用がかかることになります。それはたとえば、教科書代や白衣代です。特に初年度は教科書や白衣を揃えるために20~30万円かかります。初年度は入学金なども発生するため、特に出費の多い年度だと覚えておいてください。教科書代や白衣代のほかにも、授業によっては別途実習代というものがかかることもあります。実習代は学費とは別に計算されるため、しっかり考えておかないと思わぬ出費を強いられてしまうかもしれません。また、学校によっては、校友会というものに所属しなければいけないことがあります。その会費という名目で数万円かかります。所属しなくて良い場合もありますが、将来的に鍼灸師になったときの人脈づくりのためにも、なるべく所属しておいた方が良いでしょう。
もちろん、学校に通っている間も生活を送っていかなければなりません。1人暮らしをしていれば、学校関係以外の生活費もかかってくるでしょう。家賃や食費、光熱費など、しっかり節約しないと大きな出費になってしまうこともあります。ただでさえ学費に大きな金額が発生しているので、なるべく生活費は切り詰めながら学習に臨みたいところです。そして、こうした生活費や学校関係のお金だけでなく、実際に国家試験を受けるときの費用もきちんと考えておく必要があります。国家試験もタダでは受験することができません。まず、受験手数料として11,600円かかります。はり師ときゅう師の両方の資格を受験する場合は、受験手数料も2倍になります。また、試験のあとに鍼灸師として登録する際も申請手数料として5,200円、登録免許税として9,000円かかります。こうした費用を合計すると、受験から登録まで37,400円かかることになります。このように、鍼灸師になるためには、学費以外にもさまざまなお金が発生します。ここに学費も含めて計算すると、鍼灸師になるまでに最低でも500万円くらいはかかると見込まれます。決して安い金額ではないだけに、きちんとした資金計画を立ててから学校に通うことが大切です。

支援制度を活用して鍼灸の専門学校に賢く通おう

鍼灸師になるための学校にかかる費用は決して安くありません。学費の問題がネックとなって、鍼灸師になることをあきらめようとしている人もいるのではないでしょうか。ただ、経済的に学校に通うのが厳しい場合でも、それだけで鍼灸師をあきらめてしまわないでください。そうした経済的に通学が困難な人のために、厚生労働省により認められた「教育訓練給付金制度」というものがあります。この制度は仕事をしている人、また求職中や退職中の人が自費で専門学校などの教育訓練講座を修了した場合、その学費の一部を国が支給してくれるという制度です。もちろん、すべての人が受けられる制度ではありませんが、条件を満たせば最大で144万円もの支給金を受けることができます。この制度を利用すれば、学費の負担を大きく減らすことができるでしょう。
もちろん、こうした国の制度だけでなく、学校独自の減免制度や奨学金制度を利用することも忘れないでください。特待生入試や奨学金制度を上手に活用できれば、学費を全額免除することができる場合もあります。これらの制度は学校によってさまざまです。減免制度や奨学金制度はそれぞれの学校によって特色が異なります。自分に合った学校を受けられるように、しっかり学校独自の制度を調べておくことをおすすめします。また、学費だけに目を向けるのではなく、教科書代や白衣代などといった学費以外の費用もきちんと考えておくことが大切です。日々の生活費も忘れてはなりません。学費を節約できたとしても、生活費が高額になってしまっては、結局のところ大きな出費を強いられてしまうでしょう。都心の学校に通う場合は、生活費も高くなりがちです。それだけに、学校の立地も合わせて考慮しておいてください。鍼灸師になるために、高額の費用がかかることは避けられません。ですから、経済的に厳しい場合は奨学金や減免制度の利用、また国の教育支援制度の活用、さらには夜間コースなども視野に入れながら、費用を節約して賢く通えるように工夫しましょう。

鍼灸師がもらえる年収の相場とは

治療院からスポーツ鍼灸、美容鍼灸まで活躍の場が広がり続ける鍼灸師。気になるのは、鍼灸師として働くにあたりどれくらいの収入を得られるのかということではないでしょうか。鍼灸師は治療院や介護福祉施設への就職はもちろん、独立開業や他の資格と組み合わせてスキルの向上を目指せる国家資格となっています。人によりさまざまな働き方があり、またその形態によって年収は異なります。そこで、働き方別・鍼灸師の年収相場と、どうすれば高額収入を目指せるのかについて紹介します。鍼灸師の年収相場は約350?500万円で、月収でいうと18?30万円です。新米の鍼灸師からベテランの鍼灸師まで、その経験によって大きな差があります。そのため、経験を積んでスキルを磨けばおのずと収入の増加を見込める職業です。収入は働き方によっても大きく異なり、治療院や介護福祉施設でスタッフとして働いた場合と独立開業した場合では倍ほどの差が出る可能性があります。多くの患者さんに鍼灸師としての技術を認められ、独立開業した場合の年収は、700?1,000万円以上も夢ではありません。その際には技術の向上のみならず、経営に関する知識もしっかりと習得する必要があります。高収入は目指したいがリスクが伴う独立開業には自信がないと足踏みする人もいるでしょう。その場合はチェーン店の治療院で院長になるという方法もあります。一人の従業員として雇用されるよりも収入は上がり、月収50万円以上も可能ですさらに、基本的な福利厚生制度も導入されているため、とても安定していると言えます。そして、マッサージ師や柔道整復師など、他の資格を取得した場合にも、患者さんからの需要の幅が広がるため高収入を期待できます。鍼灸師は、向上心を持って経験と技術を積むほど多くの患者さんを得られ収入も上がる、やりがいと結果が比例する仕事です。

そのために、今から動き出そうとしている方もいらっしゃると思います。鍼灸学生として有意義な学校生活を送るためには、学費はもちろん、国家資格とれるサポート体制がしっかりしている学校ではないと不安だと思います。色んな学校のなかでも、鍼灸を学ぶなら【東洋鍼灸専門学校】がお勧めです。ホームページ上に合格率を記載されていますので、是非一度チェックしてみましょう。

PICK UP

触診

2020年04月06日

鍼灸治療院のスタッフの収入について

鍼灸師としての働き方で一番イメージしやすいのは治療院での就業ではないでしょうか。治療院で働いた…

MORE ▶

美容鍼

2020年04月06日

鍼灸師として独立開業した場合

治療院での勤務はその勤続年数やスキル・経験に伴って昇給が見込めるとはいえ、限度があります。そこ…

MORE ▶

膝の触診

2020年04月06日

鍼灸師として高額年収を目指すには?

鍼灸師になるためには国家資格に合格する必要があるため、鍼灸師とは、患者さんの健康のために国から…

MORE ▶

漢方

2020年04月06日

鍼灸治療で使う針の種類とは?

鍼灸治療で使う針には種類があることを知っているでしょうか。根本的な形状は大体同じものですが、太…

MORE ▶

UPDATE CONTENTS