SiteMap

鍼灸治療院のスタッフの収入について

触診

鍼灸師としての働き方で一番イメージしやすいのは治療院での就業ではないでしょうか。治療院で働いた場合の年収相場は350?400万円で、月収でいうと18?25万円です。治療院は平均1日10時間ほど開院しており、日・祝が休みであることが多いです。土曜日は午前中のみ開院している治療院もありますが、ほとんどの治療院ではシフト制を採用していて、週5日の勤務時間は休憩を除いた8時間が一般的です。年収は鍼灸師の経験値や治療院の給料形態によって異なります。治療院では一般的に、毎月決まった金額がもらえる「固定給」が多く、一部では「歩合制」を取り入れているところもあります。固定給の治療院では、経験や勤続年数により昇級する場合があり、そのため長く治療院に勤務すればそれだけ収入のアップが見込めるでしょう。歩合制は勤続年数に関係なく患者さんからの指名が給料の金額に反映される制度です。したがって、自分を指名してくれる患者さんが増えればおのずと高収入を得られるようになります。固定給制の治療院の平均月収が18?25万であるのに対し、歩合制の治療院では人によって月収50万円に達することも可能です。しかし、多くの指名を安定して得るために必要なのは、経験年数や技術力だけではありません。患者さん一人一人と親身になって向き合えるコミュニケーション能力が求められます。
鍼灸師として高い収入は目指したいが、安定感が欲しいという人にはチェーン店の院長を目指す道があります。地域ごとや全国にチェーン展開している治療院での勤務は、もともと定められた運営方式が存在し、経営の知識も独立開業する場合ほど高い水準である必要はありません。チェーン店の院長になれば、月収50万円以上の高収入を得ることも可能で、充実した福利厚生のもと安定した生活が送れます。しかし、実際のところ、鍼灸師の国家資格を取得した直後の実務未経験者がいきなりチェーン店院長になれる可能性はとても低いです。院長になるためにはそれ相応の経験と技術が求められます。また、院長として働くには部下をマネジメントする能力も必要です。チェーン店の院長として高収入を目指す人は、まず治療院に勤めて経験を補い、技術を向上させましょう。そして、自分自身を成長させるその中で、地位を高めて後輩の指導やトレーニングに携わり、部下をマネジメントする能力を習得しましょう。

PICK UP

触診

2020年04月06日

鍼灸治療院のスタッフの収入について

鍼灸師としての働き方で一番イメージしやすいのは治療院での就業ではないでしょうか。治療院で働いた…

MORE ▶

美容鍼

2020年04月06日

鍼灸師として独立開業した場合

治療院での勤務はその勤続年数やスキル・経験に伴って昇給が見込めるとはいえ、限度があります。そこ…

MORE ▶

膝の触診

2020年04月06日

鍼灸師として高額年収を目指すには?

鍼灸師になるためには国家資格に合格する必要があるため、鍼灸師とは、患者さんの健康のために国から…

MORE ▶

漢方

2020年04月06日

鍼灸治療で使う針の種類とは?

鍼灸治療で使う針には種類があることを知っているでしょうか。根本的な形状は大体同じものですが、太…

MORE ▶

UPDATE CONTENTS