SiteMap

鍼灸治療で使う針の種類とは?

漢方

鍼灸治療で使う針には種類があることを知っているでしょうか。根本的な形状は大体同じものですが、太さや素材が異なっています。針の太さによっても、施術のときに発揮する力や特徴が異なるので覚えておきましょう。日本の鍼灸治療だからこそよく使われている針の種類というものもあります。具体的にどのような針があるのかについて鍼灸治療院を選ぶ際に調べておくことがおすすめです。
鍼灸治療用の針は太さだけではなく素材も幾つかの種類があります。素材としてはステンレスや銀、金が多いです。使い勝手がよくて重宝されがちなのはステンレスタイプのものになります。ステンレスの針は錆びにくくて折れにくいという特徴を持っているので、扱いが難しくないのが大きな魅力です。それだけではなく、ステンレス製であるからこそ安価なため、使い捨ての針として重宝できるというのもメリットだと言えます。鍼灸院の経営者は、売上のことを考えるとこちらのタイプを選ぶ人が少なくないのも確かです。
治療にこだわりがあったり、患者の負担を考えたりしたいのであれば、銀や金でできた針が向いています。ステンレス製に比べると耐久性がなくて折れやすいですが、技術でカバーできる部分です。銀や金は柔軟性がある素材なので痛みを感じにくいという特徴も持ち合わせています。素材によって一長一短がありますから、目的に合ったものを選ぶのがベストでしょう。

PICK UP

触診

2020年04月06日

鍼灸治療院のスタッフの収入について

鍼灸師としての働き方で一番イメージしやすいのは治療院での就業ではないでしょうか。治療院で働いた…

MORE ▶

美容鍼

2020年04月06日

鍼灸師として独立開業した場合

治療院での勤務はその勤続年数やスキル・経験に伴って昇給が見込めるとはいえ、限度があります。そこ…

MORE ▶

膝の触診

2020年04月06日

鍼灸師として高額年収を目指すには?

鍼灸師になるためには国家資格に合格する必要があるため、鍼灸師とは、患者さんの健康のために国から…

MORE ▶

漢方

2020年04月06日

鍼灸治療で使う針の種類とは?

鍼灸治療で使う針には種類があることを知っているでしょうか。根本的な形状は大体同じものですが、太…

MORE ▶

UPDATE CONTENTS